初心者のためのM&A情報サイト

M&Aの株式譲渡の方法

M&Aの株式譲渡の方法 株式譲渡は、個人や会社が所有する株式を売買することで、株主としての地位を移転させる方法です。
中小企業でM&Aをする場合に最も標準的な方法になります。
オーナーが代わるだけなので原則的に債権債務や雇用契約、許認可などはそのまま引き継がれることになるのです。
株式譲渡をM&Aに取り入れた場合には、隠れた債務も引き継ぐことになります。
買い手にとってデューデリジェンスを欠かすことはできません。
デューデリジェンスをしてみて危険性があることが分るケースがでてきます。
その場合には、多くの場合に事情譲渡によることが一般的です。
事業譲渡では、個々の事項を個別に契約することになるので時間がかかります。
タイムリーなM&Aが必要な場合には向いていません。
一部の事業だけ移転させることもできますが、この場合対価は会社に入ることになるので、オーナーは退職金や配当という形でしか地位の承継を受け取ることができません。
リスクを考えた場合に、どのように地位を移転させるかは十分検討する必要があります。

中小企業の株式譲渡の手段としてM&Aが利用される理由

中小企業の株式譲渡の手段としてM&Aが利用される理由 日本で「M&A」というと外資系企業や大企業に限った話に 捉えられがちです。
実際に新聞やテレビで報じられている内容は大企業に限った話しか報じられないのが実情です。
しかし、最近は大企業に限った話ではなく、中小企業や零細企業といわれる企業も 対象となっている話をご存知でしょうか。
これらの企業の社長は一代で起業した方が大半となります。
技術者としての能力も高く、また会社経営も行っているプレイングマネージャーの ハシリです。
しかし、昨今の学生の売り手市場により大企業への人材が流出し、 小さい企業には就職希望者が少なく、後継者不在の状態が続いています。
また、年齢が高齢となりいつまでも現場と社長業を続けるのが体力的に困難となり 廃業を待つしかないという状態にあります。
この状況を打開するために、経営継承の一環で、株式譲渡する ということが行われています。
M&Aをするメリットすれば株式譲渡により、現金収入があります 会社経営には意見は出せませんが、まとまった現金収入があるということは これからの人生に大きな影響があります。
また、買収する企業側も高い技術力をもつ技術者の採用は 今後の企業経営の観点からも大きな意味をもちます。
ただ、買収後に技術の継承も行っていくことが今後の 重要となってきます。

新着情報

◎2018/8/3

M&Aの株式交換の方法
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

M&Aの新株引受の方法
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「株式 譲渡」
に関連するツイート
Twitter

発行するすべての株式について、それを譲渡する際に会社の承認を必要とする設計をしている会社を、株式譲渡制限会社とよぶ!

会社法 第百三十条(株式譲渡の対抗要件)2  株券発行会社における前項の規定の適用については、同項中「株式会社その他の第三者」とあるのは、「株式会社」とする。

1962年(昭和37年)12月 - <海>東海銀行は信託部門を中央信託銀行株式会社(現・三井住友信託銀行株式会社)に譲渡

Twitter三菱東京UFJ銀行@bk_mufg1880

返信 リツイート 19:57

1960年(昭和35年)4月 - <和>三和銀行は信託部門を東洋信託銀行株式会社(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)に譲渡

Twitter三菱東京UFJ銀行@bk_mufg1880

返信 リツイート 19:27

株式買取請求できない者の例】 ①略式事業譲渡・略式組織再編の、特別支配株主。 ②簡易事業譲渡・簡易組織再編の、存続又は譲受会社の株主。 ③簡易分割の分割会社の株主。

譲渡制限株式における買取請求の指定買取人の決定』 取締役会決議 or 株主総会特別決議

会社法 第五十条 (株式の引受人の権利)2  前項の規定により株主となる権利の譲渡は、成立後の株式会社に対抗することができない。

「秩鉄タクシー株式会社」のタクシー事業は、2018 年 9 月 30 日をもって「熊谷構内タクシー株式会社(本社:熊谷市)」へ譲渡されたそうです。 秩父鉄道のサイト chichibu-railway.co.jp/corporate/news…

Twitterのりあいアーカイブス@omnibus_archive

返信 リツイート 14:39

返信先:@sumerokiiyasaka まずは、株式譲渡時の分離課税とかをやめれば良いのに、それを福祉とかにに使うのが社会保障と違うんかな?消費税を財源にして年金補填するなんておかしいような気がするげど。財務省はやばい。

会社法 第二百六十三条(新株予約権取得者からの承認の請求)1  譲渡制限新株予約権を取得した新株予約権取得者は、株式会社に対し、当該譲渡制限新株予約権を取得したことについて承認をするか否かの決定をすることを請求することができる。